1/5

 お知らせ 
■「通年護摩」の受付を開始いたしました。

詳細は下記ページよりご覧ください。

「御祈祷・お守」のページ

 雨宝院のあらまし 
​雨宝院は弘法大師を開基とする寺で、北向山 雨宝院 大聖歓喜寺と号し、弘仁12年(821年)、弘法大師が嵯峨天皇の御脳平癒のために、玉体に御等身の歓喜天を一刀三礼し、祈願して霊験を発光させて以来、東寺とともに皇城鎮護として栄えた大伽藍であった。ところが応仁の戦乱(1467年~77年)で堂宇荒廃してしまい、その後、天正年間(1573~93年)に再興された。現在の建物は、天明の大火(天明8年・1788年)で鳥有に帰した後に堂舎を再々興されたものである。

山号     北向山(ほっこうざん)

正式名称      雨宝院(うほういん)

通称名称      西陣聖天(にしじんしょうてん)

宗派     真言宗泉涌寺派

本尊     大聖歓喜天尊

創建     821年

開基     弘法大師空海

文化財       木造千手観音菩薩像(国・重要文化財)

雨宝院

〒602-8481
京都市上京区智恵光院通上立売通上ル聖天町9の3番地

TEL 075-441-8678

※都合で出られない場合があります。

※桜の開花状況に関してのお問合せはご容赦ください。

Copyright(C) Uhoin,All Rights Reserved.

1